設計事務所の日記
by kawazoede
復元機

1020

午前中、事務所から歩いて約10分の第4突堤・ポートターミナルへ。

事前の情報でチェックしていた復元機を見る為だった。

川崎重工業創立120周年記念展で、3式戦闘機「飛燕」が展示されている。

大の飛行機好きで、逃せないチャンスだった。

知覧でも見ていたが、力強く美しい機体。

e0097130_00201434.jpg
e0097130_00194992.jpg

機体の周りを3周くらいして見つめてしまった。

小学生の時、地元の大村空港で零戦のデモ飛行を見て以来の感動。

日本では敗戦時に殆どの機体が破壊され失われてしまった。

同じ敗戦国のドイツでは多数、現存している。

国民性の違いだろうか?それとも、他の要因だろうか?


by kawazoede | 2016-10-21 00:20 | 日記 | Comments(0)
<< 北野の家、上棟! 実施設計打合せ >>