設計事務所の日記
by kawazoede
湾岸の観光資源

129

事務所の道路向かいの第3突堤附近で工事が行われている。

鉄骨の建て方が完了していない為、事務所がある2階レベルでも海をまだ見る事が出来る。

ここに神戸市の5階建ての建物が出来上がりつつある。

外観のデザインは神戸で良く見られる古典風の折衷様式。ある意味神戸らしいかも知れない。

ただ、海への視界の確保を観光資源として配慮する、或いは集客施設を誘致する、等の方が良かったのではとも感じる。


by kawazoede | 2016-12-09 23:07 | 日記 | Comments(0)
<< 富の原の家、竣工間近 南別府の家の施工状況 >>