設計事務所の日記
by kawazoede
タイムレスなデザイン

120

午後、中野の家の建築主が、アトリエに来所された。

アトリエを見て頂き、その後、実施設計打合せだった。

アトリエは竣工後既に14年近くが過ぎた。

それでも、これまでお越しいただいた方からは、その古さは感じないと良く言っていただける。

木部は経年変化で変化し、素材その物はその経過を感じさせる。

今日、頂いた御言葉を借りるなら、「デザインはその時間を感じない」物だと考えている。

タイムレスなデザインを目指し、10年、20年、、、と変わらぬものとありたい。

(写真は11年目の物 撮影:Stirling Elmendorf

e0097130_22491844.jpg



by kawazoede | 2017-01-20 22:51 | 日記 | Comments(0)
<< 北野の家の施工状況 南別府の家の施工状況 >>