設計事務所の日記
by kawazoede
プロセス

127

アトリエの庭に、今シーズンも多くの野鳥が飛来している。

最近はシジュウカラの番も来ている様だ。

メジロやヒヨドリとも食べる物や行動が違い、宿る樹も違う。

ジョウビタキは地面を歩いている事もある。

野鳥もそれぞれ違いがあって面白い。

色や模様は進化の過程で出来上がった物で、その美しさやバリエーションにいつも驚かされる。

あの鳥だけ、どうやってあの目の周りにあのような模様が出来たのか?

考えると色々と想像が膨らんでいく。

人間を含む生物は未だ進化の過程にあり、最終形に達するものではない、と感じさせる。


by kawazoede | 2017-01-27 23:20 | 日記 | Comments(0)
<< 実施設計と基本設計の打合せ 南別府の家の施工状況 >>