設計事務所の日記
by kawazoede
日本的な建築

218

建築家・安藤忠雄氏の展示室が、兵庫県立美術館に増築されるとのニュース。

どの様な建築になるのか楽しみ。是非拝見したいと思っている。

氏の建築は竣工後に増築が行われたケースが良く見られる。

竣工時に完成した建築の様に見え、しかしながら増築してもその形は持続される。

現代の建築家でその様な形式の建築はあまり見当たらない。

ふと、日本的なのかもと感じる。


by kawazoede | 2017-02-18 23:18 | 日記 | Comments(0)
<< 実施設計打合せ、その後定例打合せ 企画展用の試作 >>