設計事務所の日記
by kawazoede
基調講演

422

JIA近畿支部住宅部会の総会で大阪天満へ。

2年間務めさせて頂いた役員は、今年度で一旦役を解かれ、少し肩の荷が下りた。

その後、例年の基調講演は現代アートの名和晃平氏だった。

コンセプト、CGでのモデリング、多分野への展開、ビジネスモデルとしてのアートなどを感じる。

最後の方に建築のプロジェクトのご紹介もあった。

アートの感覚的な創造と違い、建築的なデザインアプローチを取られている点にやや違和感を感じる。

やはり、いったん建築というカテゴリに入ってしまうと、同じスタート台に立ってしまうのだろうか?

刺激的で、いろいろと勉強になる講演だった。


by kawazoede | 2017-04-22 23:08 | 日記 | Comments(0)
<< 土地の選定 現場打合せ、その他 >>