設計事務所の日記
by kawazoede
鳥取へ

72

展示施設の設計の参考にと、鳥取の植田正治写真美術館へ。

お昼を、近くのお蕎麦屋さん八郷の里でいただく。

e0097130_23452750.jpg
e0097130_23452749.jpg

古民家を利用した店舗。つい、柱や梁、ディテールなどをまじまじと見てしまう。

お蕎麦もおいしく満足し、美術館へ。

以前よりチェックしていたがタイミングを逸し、今回が初めてとなった。

大山に対峙するような形をとり、展示室のボックスの隙間に、その姿を見ることが出来る。

e0097130_23470513.jpg
e0097130_23470351.jpg

良いスケール感とシークエンス。

展示の写真もすっかり見入ってしまった。

植田正治氏の写真の中でも重要なロケーションとなっている鳥取砂丘へ。

20年以上前に一度訪れたことがあった。その際は強い雨で、日本で感じることが出来る砂漠のような風景を見ることが出来なかった。

今回は梅雨の晴れ間で、思う風景を見ることが出来た。

e0097130_23470487.jpg

空、砂丘、海のみの風景はやはりインパクトが強い。

鳥取の観光資源の豊かさを感じる。


by kawazoede | 2017-07-02 23:48 | | Comments(0)
<< 音楽室の初回提案と鮎 定例打合せ >>