設計事務所の日記
by kawazoede
カテゴリ:pick up!( 92 )
青山の家の作業室

リビング・ダイニングと同じく、北の斜面を見ながらミシン掛けなどの作業をすることが出来ます。この空間で完結したイメージとする様、天井は切妻の形としています。作業に集中し、篭ることが出来る雰囲気の空間となっています。

e0097130_22500963.jpg


by kawazoede | 2017-07-24 22:50 | pick up! | Comments(0)
富の原の家の階段

リビングからロフトに上がる階段が有ります。空間の中でその存在感を弱める様、薄く、細くデザインしています。リビングから中庭へ空間が連続していきます。

e0097130_23232639.jpg


by kawazoede | 2017-07-13 23:24 | pick up! | Comments(0)
青山の家のリビングダイニング

北側の斜の雑木林を楽しむ事が出来る大きなL型の窓があります。正面と直行するすぐ右の窓はFIXの窓で、ピクチャーウィンドウとしています。右手の窓は通風の為、一部を開けることが出来ます。
ダイニングのペンダントは天井からではなく、壁から持ち出したスチールのブラケットから吊るしています。天井が高く、そこから長く下がるコードを見せないよう考慮した物です。

e0097130_22575502.jpg


by kawazoede | 2017-07-06 22:58 | pick up! | Comments(0)
富の原の家のリビング

リビングダイニングを貫く壁面収納が有ります。用途の異なる空間を分けつつも繋げ、空間の連続性を創り出しています。

リビングの天井は5mと高めです。空間が垂直方向と中庭の水平方向へと広がります。

e0097130_23034256.jpg


by kawazoede | 2017-06-29 23:04 | pick up! | Comments(0)
青山の家の外観

敷地は雑木の山の山裾にあり、北にその眺望を望む事が出来ます。建物は切妻のシンプルな形です。
道側には玄関への入口だけが見え、全体にミニマルな印象です。
その切妻の形に駐車場の下屋を設けています。

e0097130_22272548.jpg


by kawazoede | 2017-06-22 22:27 | pick up! | Comments(0)
富の原の家の渡り廊下

玄関のある南の棟からリビングのある北の棟へは渡り廊下を通ります。此処で大きく中庭に向けて視界が広がります。中庭に面する壁はダイニングへとつながって行きます。仕上をタイルとしその連続性を強調しています。

e0097130_22520748.jpg


by kawazoede | 2017-06-12 22:52 | pick up! | Comments(0)
青山の家の階段ホール
玄関から一旦、吹抜けの有る階段ホールに入ります。そこを起点に各空間へと移動します。階段ホールは他の空間と仕上げを変え、雰囲気が違います。床・壁・天井の仕上げ材はフレキシブルボードです。
​階段を上がると踊り場があります。そこからさらに上がる階段、下がる階段があります。上がる階段はリビングへ、下がる階段は寝室などの個室へと向かいます。用途の異なる空間へのシークエンスを、床の高さで創り出しています。
e0097130_22565945.jpg

by kawazoede | 2017-06-05 22:57 | pick up! | Comments(0)
富の原の家の玄関

玄関に入ると、地窓に目が行きます。

その先に中庭の樹木が見えます。中庭全体を見せず、一部を垣間見るのみです。

中庭の存在を感じながら奥へと進みます。

玄関の両側の壁は外壁と同じ仕上げです。

玄関に入ると、少し外部の雰囲気を感じます。

外から室内への気持ちの切り替えを、緩やかに行えます。

照明は光を柔らかく拡散する間接照明です。

床のタイルの外周に、色の近い那智黒を敷いています。

e0097130_23044438.jpg


by kawazoede | 2017-05-31 23:05 | pick up! | Comments(0)
long roofのリビング
住まい手は元々、アンティークの家具を多数持っておられました。その家具と合う空間を一緒に検討し、素材や建具をデザインしました。お住まいになる前の竣工写真ですが、家具が少しあるだけで、空間の雰囲気が変わりました。建築空間は、そこに置かれる家具と関係性が深い物です。
e0097130_22474311.jpg


by kawazoede | 2017-05-22 22:55 | pick up! | Comments(0)
播磨町の家のリビングダイニング

リビングとダイニングの床は1段分、高さを変えています。また、スケルトンの階段を間に入れ、視界が抜けながらも空間を分けています。リビングとダイニングは一つの空間ですが、、機能に応じ緩やかに分節しています。

e0097130_22410930.jpg


by kawazoede | 2017-05-08 22:50 | pick up! | Comments(0)