設計事務所の日記
by kawazoede
カテゴリ:pick up!( 95 )
夢前町の家の玄関より

玄関も門と同様、内外を分かつ空間です。夢前町の家では、室内と外部を緩やかに連続させたいと考えました。外部の仕上げを室内まで連続しています。床の仕上げは煉瓦、壁はコテ塗としています。

e0097130_22461440.jpg


by kawazoede | 2017-09-20 23:02 | pick up! | Comments(0)
夢前町の家のリビング

高南側に雑木林の斜面があります。LDKは横長の窓から、その眺望を楽しむ事が出来ます。風景を綺麗に切り取る様、窓の高さは丁度、目線の高さです。

e0097130_22540023.jpg



by kawazoede | 2017-09-11 23:28 | pick up! | Comments(0)
若ヶ谷の家の門扉

門扉は敷地とその外との接点にあります。その有り方は住まい手のライフスタイル、周辺環境によって変わってきます。若ヶ谷の家では、門扉を結界の象徴として扱っています。ステンレスのバー型とし、空間の連続性と閉鎖性を同時に実現しています。

e0097130_21294523.jpg


by kawazoede | 2017-09-05 00:14 | pick up! | Comments(0)
富の原の家のダイニング

ダイニングとキッチンとの間の壁の仕上げはタイル、リビングとの間は木製の縦格子で空間を分けています。ダイニングのキッチンに面する壁は渡り廊下から連続するタイルの仕上げです。空間の連続性を創り出します。

e0097130_22272535.jpg


by kawazoede | 2017-08-17 22:27 | pick up! | Comments(0)
青山の家のキッチン

キッチンはリビング・ダイニングと繋がった空間ですが、L型の平面でリビングと距離感があります。ワンルームの空間の中のコーナー的なイメージです。
キッチンに立つと正面に横長の小窓があります。階段ホールの様子、更に子供部屋の小窓の光も漏れ、家の中の雰囲気を把握できます。

e0097130_22271910.jpg


by kawazoede | 2017-08-07 22:28 | pick up! | Comments(0)
富の原の家の和室

和室・・・リビングから300mm床を上げています。天井の高さもリビングより低くし、一つの空間の中に、雰囲気の違う空間を配置しています。

和室の2面は障子で仕切る事が出来ます。個室にもなり、空間の使い方が多様になります。

e0097130_23120771.jpg
e0097130_23120833.jpg


by kawazoede | 2017-07-31 23:12 | pick up! | Comments(0)
青山の家の作業室

リビング・ダイニングと同じく、北の斜面を見ながらミシン掛けなどの作業をすることが出来ます。この空間で完結したイメージとする様、天井は切妻の形としています。作業に集中し、篭ることが出来る雰囲気の空間となっています。

e0097130_22500963.jpg


by kawazoede | 2017-07-24 22:50 | pick up! | Comments(0)
富の原の家の階段

リビングからロフトに上がる階段が有ります。空間の中でその存在感を弱める様、薄く、細くデザインしています。リビングから中庭へ空間が連続していきます。

e0097130_23232639.jpg


by kawazoede | 2017-07-13 23:24 | pick up! | Comments(0)
青山の家のリビングダイニング

北側の斜の雑木林を楽しむ事が出来る大きなL型の窓があります。正面と直行するすぐ右の窓はFIXの窓で、ピクチャーウィンドウとしています。右手の窓は通風の為、一部を開けることが出来ます。
ダイニングのペンダントは天井からではなく、壁から持ち出したスチールのブラケットから吊るしています。天井が高く、そこから長く下がるコードを見せないよう考慮した物です。

e0097130_22575502.jpg


by kawazoede | 2017-07-06 22:58 | pick up! | Comments(0)
富の原の家のリビング

リビングダイニングを貫く壁面収納が有ります。用途の異なる空間を分けつつも繋げ、空間の連続性を創り出しています。

リビングの天井は5mと高めです。空間が垂直方向と中庭の水平方向へと広がります。

e0097130_23034256.jpg


by kawazoede | 2017-06-29 23:04 | pick up! | Comments(0)