設計事務所の日記
by kawazoede
カテゴリ:家具( 17 )
書斎
9月12日
通常の時間に事務所へ。
スタッフと月曜日の打合せを行い、検討を始める。

夜、東灘区へ。Mプロジェクトの打合せを建築主、施工者と行う。今回、施工契約を取り交わしていただいた。建築主のご理解もあって、色々と新しい空間の試みが詰まった計画。良い建築となる様、3者で尽力したいと思う。

アトリエに戻り、明日の打合せ用の図面を作成中。

昨日のアトリエの無線LAN化は、パートナーにとっても快適らしい。写真はパートナーの書斎。これまで有線LANをこの部屋には引いてなかった。今は主にここでノートPCを使っている様だ。椅子は、アトリエにある椅子の中で私が最も好きなエルボーチェア。
e0097130_23302364.jpg

by kawazoede | 2011-09-12 23:29 | 家具 | Comments(0)
初回提案、他
12月28日
朝、借景の家へ。最後の書類をお渡しする。お引越しは完了されたとの事だった。新居での生活を楽しんで欲しいと思う。

計画案の初回提案で、クライアントを尋ねる。レンタルルームと旅館の外観の提案を行った。気に入って頂けたようだ。更に前に進めることになった。

事務所へ移動。計画案を検討。

アトリエに戻る。

発注していたスツールが届いた。
e0097130_21594220.jpg

梱包されている箱も専用の三角柱で面白い。Wernerのシューメーカーチェアだった。
e0097130_22041.jpg

以前から何度も目にしてはいたが、実際に座る機会があって座り心地の良さ(ぴったり感)に、心動かされてしまった。アトリエ用として1脚購入した。
by kawazoede | 2010-12-28 22:00 | 家具 | Comments(0)
OXFORD(byアルネ・ヤコブセン)
4月19日
朝、パートナーと西脇市へ。K邸の打合せで御自宅に伺う。
今日は施工者を交え、配置、スケジュール、施工の手順等を協議する。

以前注文して到着待ちとなっていた「椅子」が、アトリエに届いた。少し前にフリッツハンセン社の値上げを前にしたセールの情報に反応し、購入する事にした。アルネ・ヤコブセンのデザインによるOXFORDだった。予算の都合もありローバックの肘掛け無のタイプとした。椅子は長時間座らないとその良さは分からない。また、座り具合はその人の体に合わせ個人差が有る。今回OXFORDを購入するに当たって、数時間も座ったわけではない。ある意味、購入して試してみて如何か、と言った賭けでもある。ただ、既に所有しているヤコブセンのセブン、スワンチェアで有る程度の安定した良い状況は予想される。
今日、初めて食事の時間を除き、7時間ほど座り続けている。最初の座った印象は「硬い」だったが、長時間座り続けても余り疲れない。自分には合っている様だ。

e0097130_2213994.jpg

e0097130_22133110.jpg

by kawazoede | 2009-04-19 22:13 | 家具 | Comments(0)
椅子の試作
5月15日
朝より計画案を検討。スタッフは同じプロジェクトの別案を検討してくれている。
午後、製作を依頼しているGさんの家具工房へ。色々な種類と大きさの木が彼方此方に置かれていた。試作の椅子も数脚あった。興味深く見せて貰う。
過去にコンペ案のwaffle chairの試作を別の工房で作ってもらったことがあった。作ってみると色々な問題が見えてくる。それを改善しながら一先ず最終形まで仕上てくれた。写真はその時の物、徐々に足の形が変化した。
e0097130_033251.jpge0097130_03414.jpge0097130_034885.jpg









試作を作らない家具の場合、チャレンジは控え、手堅いデザインとなってしまう。デザインした椅子を、いつか作って頂きたいと強く思う様になった。
建具工事のF氏を尋ねる。忙しくされているようだ。最近の業界の状況等、少し情報交換。
アトリエに戻る。今日、知人より「おから」を頂いた。早速美味しく頂く。おからに入れる野菜は各家庭でそれぞれ。実家ではホウレン草を良く入れていたような気がする。
アトリエにてスタッフから送られてきた図面をチェック。その後、模型用の図面を作成。
by kawazoede | 2008-05-16 00:04 | 家具 | Comments(0)
掘り炬燵
2月21日
朝、事務所に到着後直ぐに支度しHDCへ。歌敷山の家の建築主と待合わせとしている。ダイニングテーブルの購入検討でセミーオーダーの家具ショールームへ。天板の素材、ディテールなど意見をお伝えする。
事務所への途中の道で、友人のY事務所に立ち寄る。お借りしていた本を返却する。忙しそうにされている。タバコを止めていると言うブログだったが、気のせいか顔色が更に良いのでは?と思う。
事務所でスタッフと打合せ。プリント完了した図面を持って西向きに車を出す。
歌敷山の現場へ。今日は大工工事、左官工事が行われていた。棟梁の仕事も残すところ2~3日になった。数点協議する。
土山の家の現場へ。外構工事が行われている。到着すると建築主も丁度見に来られていた。少し追加工事についてお話を伺う。内部はほぼ完了している。掘り炬燵も完成していた。写真上から、収納している時、天板を開けると中に収納された脚のフレームがあり、脚のフレームを持ち上げて、天板を置くと掘り炬燵の完成。
e0097130_2313082.jpg







e0097130_2315099.jpg







e0097130_232659.jpg







e0097130_2322186.jpg








プロデュース会社の事務所へ。K邸の見積依頼で、2社に図面をお渡しする。
アトリエに戻る。
by kawazoede | 2008-02-21 23:02 | 家具 | Comments(0)
掘り炬燵
1月26日
朝、姫路へ。土山の家の現場に向う。昨日、施工管理のM氏との電話の打合せで急遽、現場で打合せする事になった。建具枠の塗装は終わっていた。色を付けない事になり、リボス社のアルドボスを選択した。その他の塗装色、外構について打合せ。写真は和室の掘り炬燵の床下部分。此処に可動の炬燵の机が置かれる。机は90度回転すると床下にすっぽり納まるディテールとしている。出来上がった状態で再度UPしたいと思う。
e0097130_23573677.jpge0097130_23574488.jpg








歌敷山の家の現場に移動。建築主が到着し、現場を見ていただく。棟梁は今日、階段の施工中だった。打合せの途中に、建築主からダイニングの家具の話が有った。購入を検討されていた。予定を変更し、北欧家具の置いてあるオーダーキッチンのE社ショールームに一緒に向う事にした。何脚か座っていただき、内1つを検討されることになった。
事務所へ。スタッフと実施図の打合せを行う。意見の違いを話し込む。提案を少し変更してもらう事にした。
アトリエに戻る。
by kawazoede | 2008-01-27 00:04 | 家具 | Comments(0)
セブンチェア
11月11日
昨日、アトリエに置いているセブンチェアと、事務所に置いている物を並べて見る機会があった。座面は同じビーチ材、購入先も同じ。購入時期は違うが、正規の製品と思われる。今まで気付かなかった事があった。木目が板目と柾目で印象が違う。少し驚く。
e0097130_20161493.jpg








通常の時間に起床。今日はアトリエで打合せを予定している。図面をプリントし、準備を整える。
提案中の計画案打合せで、クライアントが来所される。今回、検討の参考にアトリエを見ていただく。その後、計画案をご説明する。クライアントのご要望を十分に掴みきれていない感があり、前回案と若干趣を変えた。ご意見を伺い徐々に、案を収束させていく事になる。
アトリエのアプローチに井戸水を使った水盤がある。最も深いところで5cm程しかない浅い水深でも、水の作り出す空間は豊かである。水盤に水が一杯になると、オーバーフローした水を排水し、アプローチにあふれる事は無い。丁度、日差しが美しく反射していた為、写真に納める。
e0097130_20163065.jpg








午後、近くの播磨中央公園へ。此処には広場や遊歩道があり、散策する。一部で紅葉を見ることが出来た。
アトリエで、ゆっくりと過ごす。
by kawazoede | 2007-11-11 20:16 | 家具 | Comments(0)
Zigzag取材/I邸テーブル
5月19日
朝、早めにアトリエを出る。高床の家へ。施工者Y氏と待ち合わせとしている。引渡し後の二次工事で、納まりの打合せを行う。
急いで高砂へ移動。荒井の家の定例会議を行う。床暖房の範囲、その他を協議する。
中国自動車道のICで来客を待つ。雑誌の取材でライターとカメラマンが到着する。昼食後、Zigzagへ御案内する。ライターの取材は、自然な会話から始まった。カメラマンからの提案で一部カットに、夜景を撮る事になる。
e0097130_0505841.jpg






約2時間半ほどの取材と写真撮影の後、一旦現地を離れ時間を調整する。何か見るものとして「建築的な」と言うリクエストで、小野の国宝・浄土寺へ向う。天竺様の建築で肘木、紅梁などに特徴がある。自身も10年ほど前に一度訪れたことがあった。改めて見るとディテール、空間が以前と違って良く見える/分かる。それだけ深く建築を見ることの出来る目が養われたのでは?…と嬉しく思う。建築は800年を生き延びてきた力強さ、美しさ、迫力を備えている。また、数年後に訪れてみたい。
再びZigzagへ。夜景のタイミングを待つ。午前中、雨、曇り、晴れと不安的な天候の中で、午後からは晴れ間が多く、撮影は比較的恵まれた状態だった。取材完了後、高速バスのバス停まで送る。
更に急いで、姫路に移動。施工会社のY氏と待ち合わせし、姫路I邸に向う。今日、建築主は引越しを行われている。それに合わせて製作を進めてもらっていたダイニングテーブルとソファテーブルが出来上がり、搬入する事とした。現地に到着すると、男の子の元気な声が聞えてくる。新しい生活が始まっている。テーブルの搬入は階段付近で停滞する。人手が足らず、今日は無理かもしれないと諦めかけていたが、Y氏のポジティブな判断と建築主の協力で無事ダイニングにセットできた。感謝である。写真はテーブルと昨日撮った飾り棚。
e0097130_0515165.jpge0097130_0521057.jpg






アトリエに戻る。流石に疲れた1日だった。
by kawazoede | 2007-05-20 00:52 | 家具 | Comments(0)
ソファテーブル
4月15日
朝、西脇へ向かう。高床の家へ。お預かりしていたスツールを届ける。ダイニングテーブルと合わせてデザインしたソファテーブルが出来上がっていた。一連の発注で、最後にソファが残っている。輸入品で、納品は暫く先の予定。
e0097130_23224627.jpg







今日は引越しを予定されている。家具の搬入を見届ける。箪笥の搬入を気にしていたが、問題は無かった。大物が入った所で、現地を後にする。今日から新しい生活を始められる。
神戸の家具のショールームへ移動。姫路I邸の建築主と待ち合わせしている。北欧家具を置かれているE社で椅子数点に座って貰う。
一旦皆で事務所に移動し、車1台で御堂筋へ。予約を入れていた家具のショールームA社へ。ソファ、ダイニングチェアを見て、座って貰った。家具は実際、座ってみないと違いは分からない。ほぼ全てのソファに座られた。内、2点について見積を依頼する。
その後、別のショールームC社へ。此方でもソファ、ダイニングチェアの殆どに座って頂いた。
一通り見て頂いた後、カフェで一休みする。建築主より、計画を初めて2年近く経過したその心境をお話された。その間、定期的にお会いしているが、1日の中でこれほど長時間行動を共にしたことは初めてかもしれない。住宅は人生の中で大きな存在であり、その構築の場に設計者として携わる事は、非常に貴重で喜ばしく、また大変な立場である。
アトリエに戻る。到着後直ぐに、高床の家の図面を開く。出先にお電話で、5mm~10mm寸法が足らず、収納ケースが収納棚に入らないとの問い合わせがあった。図面、資料を確認する。収納と設計図の寸法に問題は見当たらない。だが、何かに問題が発生してしまった様だ。幾つか原因と対策のパターンは考えられる。明日、丁度現地に行く予定もあり、その際確認する事にする。
スタディ模型を1つ作成。
by kawazoede | 2007-04-15 23:23 | 家具 | Comments(0)
プロトタイプ
4月13日
事務所に向かう。やはり有馬街道がこれまでと違い、それほど渋滞していない。何故?疑問は深まる。
事務所にて計画案を検討。O氏の模型も大分出来てきた。
午後、オーダーキッチンのE社へ。知人の呼びかけにより家具の新しい企画についての集まりだった。しかし、それぞれのすり合わせのポイントにズレがあった。家具(特に椅子)のプロトタイプを完成させる事が、自身の長年の夢でもある。やはり、実現には自分でかなり動かなくてはなかなか進まないと言う事を、改めて認識した。
その後、先程の会合に同席した、同業の友人Y氏が事務所に来てくれた。近況、仕事、その他の話をする事が出来た。何時も参考になる情報を提供してくれる。お互い相手の仕事が羨ましいと感じている様だ。
夕方、施工者のY氏が来所する。高床の家の残工事について少し話をする。
アトリエに戻り、計画案を検討。一つ良いアイディアが浮かんだ。
by kawazoede | 2007-04-14 07:42 | 家具 | Comments(0)