設計事務所の日記
by kawazoede
<   2017年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
富の原の家の玄関

玄関に入ると、地窓に目が行きます。

その先に中庭の樹木が見えます。中庭全体を見せず、一部を垣間見るのみです。

中庭の存在を感じながら奥へと進みます。

玄関の両側の壁は外壁と同じ仕上げです。

玄関に入ると、少し外部の雰囲気を感じます。

外から室内への気持ちの切り替えを、緩やかに行えます。

照明は光を柔らかく拡散する間接照明です。

床のタイルの外周に、色の近い那智黒を敷いています。

e0097130_23044438.jpg


by kawazoede | 2017-05-31 23:05 | pick up! | Comments(0)
糀台の家の上棟

530

夕方、糀台の家の現場へ。

建て方が行われ、垂木まで終了していた。

屋根の高さまで上ってみた。

当初からのコンセプトに、周辺の切妻の家並みに合わせる、と言ったことがあった。

街区は神戸市によって造成建築された、切妻の住宅の家並みが連なっている。

そのコンセプトを実現できたようだ。

e0097130_22212378.jpg


by kawazoede | 2017-05-30 22:21 | 日記 | Comments(0)
高齢者複合施設の定例打合せ

529

養父市へ。

高齢者複合施設の着工を前に、初回の定例会議だった。

6月初旬の地鎮祭と、基礎工事の着工となった。

事務所に戻りスタッフと週初めの定例打合せ。

今週も慌ただしくなりそうだ。


by kawazoede | 2017-05-29 22:51 | 日記 | Comments(0)
南別府の家の竣工写真

528

フォトグラファーの冨田氏より、南別府の家の竣工写真が届いた。以下はその写真の一部。

e0097130_22071853.jpg
e0097130_22075445.jpg
e0097130_22064706.jpg

南別府の家の敷地は住宅地と後の境にあり、南に農業を営む建築主の農園が広がっている。
元々既存の住宅があり、その建物を撤去して新築の2世帯住宅を設計した。


by kawazoede | 2017-05-28 22:08 | works | Comments(0)
計画案のプレゼン

527

午前中、東灘区のクライアントご自宅へ。

計画案のプレゼンを行う。

四周は隣家に囲まれた南北に長い敷地。

その特性を生かし、東西面は主に壁で閉じ、南面に空間と視線を広げるがコンセプト。

以下は模型とCG

e0097130_22425834.jpg
e0097130_22414081.jpg
e0097130_22413957.jpg


by kawazoede | 2017-05-27 22:43 | 日記 | Comments(0)
アトリエの門扉

526

アトリエの駐車スペースに、門扉を設置する工事を施工いただいていた。

アトリエが竣工して14年、当初より設置を検討していたが、漸く実現することが出来た。

e0097130_22553337.jpg

大きさは幅が4.7m、高さが1.4m。

木製のフレームの下地に、構造用合板を張り、仕上げはガルバリウム鋼板の一文字吹きとしている。

若ヶ谷の家のコンセプトに沿って、建築と調和する建具が出来上がったと考えている。


by kawazoede | 2017-05-26 22:56 | 日記 | Comments(0)
元スタッフの来所と、計画案の打合せ

525

午前中、元スタッフの西原さんが事務所に立ち寄ってくれた。

スタッフとして働き始めたのはもう10年も前のこと。月日は早いものだ。

今回は、関東での近況の生活の事、設計事務所の独立開業のお話だった。

事務所を巣立ったスタッフたちが、それぞれの道を歩み、こうやって会いに来てくれることは本当にうれしい。

勤めてくれたスタッフたちの励みになるような事務所であればと、常々考えている。

益々のご活躍を期待している。

e0097130_23203097.jpg

夕方、西脇市へ。

計画案のプレゼンでクライアントを訪ねる。

以下はそのCG

e0097130_23211716.jpg


by kawazoede | 2017-05-25 23:21 | 日記 | Comments(0)
海上空港

524

長崎空港から神戸空港へ。

何れも海上空港。

前者は既存の島を削って作られたもの、後者は山を削った土を埋め立てて造られたもの。

似ているようで全く違うプロセス。


by kawazoede | 2017-05-24 23:42 | 日記 | Comments(0)
竣工後半年の富の原の家

523

午後の便で神戸空港から長崎空港へ。

骨折で入院中の母の見舞いへ。

元気そうで安心した。リハビリはもう少しで終わり、退院も近いとのことだった。

竣工後約半年の富の原の家へ。

半年後の具合をお伺いする。

お住まいは気に入っていただけたようだ。

心地よくお住まいのようでうれしく思う。

e0097130_23052576.jpg
e0097130_23052642.jpg


by kawazoede | 2017-05-24 23:05 | 日記 | Comments(0)
long roofのリビング
住まい手は元々、アンティークの家具を多数持っておられました。その家具と合う空間を一緒に検討し、素材や建具をデザインしました。お住まいになる前の竣工写真ですが、家具が少しあるだけで、空間の雰囲気が変わりました。建築空間は、そこに置かれる家具と関係性が深い物です。
e0097130_22474311.jpg


by kawazoede | 2017-05-22 22:55 | pick up! | Comments(0)