設計事務所の日記
by kawazoede
現場巡廻
3月17日
朝、西脇へ。高床の家の定例会議を行う。大工工事、内装工事、外壁の塗装工事が行われている。先日作成した外構図の見積が出ていた。植栽の今回工事範囲についてご検討頂く事になる。その他竣工までの工程について打合せする。お引越しの日、家具や家電の搬入日、残工事の確認など不確定の要素を整理していく。オープンハウスを4月1日に実施する事で御了解を頂いた。
e0097130_222849.jpg






パートナーと一緒に法事で墓苑へ。その後、乳幼児の甥っ子が妹夫婦と帰省している為、実家に立ち寄る。抱かして貰ったが、大分ウェイトが増えてずっしりと重い。健やかな成長を祈っている。
長居は出来ず、姫路に移動。
姫路I邸の定例会議に出席。現場が驚くほど綺麗に整理されていて気持ち良い。既に入り口で土足は不可となっていた。建築主に工事の状況を見て頂く。コンセント、スイッチがボックスの状態で取り付き、図面で打合せしていた位置の最終確認をして貰う。先日の輸入便器は採用となった。初めて使わせてもらう設備で楽しみである。
アトリエに戻る。計画案を検討。
# by kawazoede | 2007-03-18 02:03 | 日記 | Comments(0)
打合せ
3月16日
朝、アトリエで仕事を始める。
丘の家の現場へ。カーポート工事は土間コンを残すのみとなっている。
計画案を作成。
午後、新規検討の件で別のクライアントがアトリエに来られる。前回初めてお会いした際、アトリエを含む施工中のプロジェクトを見て頂くことを予定していた。アトリエのコンセプト、ディテールを御説明する。その後、計画について敷地状況、御要望をヒヤリングする。打合せ後、幾つかのプロジェクトを見るため移動する。丘の家、高床の家、平岡町の家へ。養生の残った施工中で、空間を把握する事が難しかったかもしれない。
2週間後にプレゼンを予定し解散する。アトリエへの帰路は眠気が強烈だった。
計画案の検討を進める。
# by kawazoede | 2007-03-17 01:07 | 日記 | Comments(0)
オープンデスク
3月15日
事務所へ。車での移動中は、段取りのプログラムを頭の中で組んでいる。午前中、今日1日、今週1週間位まで、一通りのプロジェクトを思い出して、検討、指示、手順等を考えては確認、を繰り返す。
事務所にて模型を作成。
予定していた面談を行う。オープンデスクを希望された学部生で、事前にポートフォリオを持って来て貰う様お願いしていた。ポートフォリオの装丁を見ただけで、あるデザインレベルは伺うことが出来る。非常に興味を引く内容だった。再来週から来て貰う事にする。楽しみに待ちたい。
昨日依頼があったレクチャーは引き受ける事にした。作品のプレゼンテーションを4月10日に行う事になりそうだ。独立後丸7年近くなり、これまでの活動を、一度プレゼン用に纏める事も良い事かもしれない。
引き続き、模型を作成。夕方までに打ち合わせ用の3つが完成した。夕方から検討図を作成していく。
アトリエに戻る。検討用資料とパースを作成。検討し模型を作っていると次のアイディアがどんどん出てくる。アイディアに検討のスピードが追いついていない。アイディアを考える時間はフレキシブルだが、模型やパースを作成する時間はある程度決まっている為仕方が無い
# by kawazoede | 2007-03-16 02:03 | 日記 | Comments(0)
黙々と
3月14日
高床の家の現場へ。大工工事、左官工事、内装工事が行われていた。現場が込み入って、既に仕上がった部分の養生が気になる。何点か注文を付けさせて貰った。
詳しく見ると詳細で納まっていない所が有った。図面でかなり検討したつもりが読みきれていなかった様だ。打合せし、指示を出す。大工工事も終りが近い。最後の詰めも大切にと常々思う。内部は徐々に仕上がって来ているが、外部が遅れてきた感じがする。聞くと明日から外壁の工事が行われる。
事務所に移動。図面を作成。
知人の建築士からお電話を頂く。某企画で作品について1時間ほど話して欲しいとの事だった。準備も大変そうで、回答を保留とさせて貰う。作品について他者の反応を見てみたい、とも思うが如何した物か検討中。
午後から模型を制作する。
アトリエに戻る。計画案を検討。第4ラウンドも黙々と過ぎていく。
# by kawazoede | 2007-03-15 07:37 | 日記 | Comments(0)
No.E60
3月13日
抜歯の痛みは殆ど無く目覚める。
事務所へ。
抜歯後の消毒で歯科へ。その後、模型材料その他の買出しに数箇所廻る。
計画案を検討。
e0097130_0391233.jpge0097130_0393024.jpg






夕方、発注していたスツールが事務所に届く。高床の家の建築主が購入される事が決まった際、追加で1脚アトリエ用に注文していた。以前からパートナーも欲しいと言っていた物で、今回となった。スツールNo.E60はアルヴァ・アールトの1932年のデザイン。何処にも無駄が無いプリミティブである。暫し、色々な角度から眺める。マグナス・オルセン社にも、似た形のスツールMO8000がある。以前デザイナーのルッド・チューゲセンの講演を聴き、こちらも良く出来たデザインと感心させられた。
全日空のボンバルディア機が胴体着陸した。見事な操縦は拍手である。問題の同型機はよくトラブルを起こしている。国産旅客機はまだか?と期待している。そう言えば以前、長崎から鹿児島への航路で同型機に乗った事があった。
アトリエに戻り計画案を検討する。パートナーと意見を交換する。
# by kawazoede | 2007-03-14 00:39 | 家具 | Comments(0)
治療
3月12日
事務所に向かう。途中、丘の家に立ち寄る。外構の追加工事は、RC打ち放し塀のコンクリート打設が終わっていた。
午前中、予約していた歯科へ。予定していた親不知の抜歯をしてもらった。なかなか抜けず、時間が掛かる。30年以上同じ位置で食いしばって来た最後の粘り。
帰りに下の階の旅行代理店に立ち寄る。よく利用させて貰っているH社で、思い出してみると、学生の頃初めてのヨーロッパへの貧乏旅行で航空券だけを買った会社だった。その後も旅行はツアー使わない為、航空券とホテルの手配が多くよくお世話になっている。担当者も何度も偶然同じで、数年おきの飛び飛びの記憶だが、レスポンスが高い方で有りがたい。因みに学生の頃の貧乏旅行では、その時最安だったマレーシア航空を使いロンドンに向った。途中、クアラルンプールで乗り換え、ドバイで給油し、ほぼ24時間のフライト、その後1ヶ月のヨーロッパ周遊だった。このときの珍道中も出来ればいつか纏めてみたい。
事務所にて2つの計画案を検討する。コラボのN氏から送られてきたスケッチに目を通す。
大事を取り早めに切り上げる。
# by kawazoede | 2007-03-13 08:02 | 日記 | Comments(0)
アイディア
3月11日
朝、打合せ資料を作成。プリントし姫路へ。
某建築相談会に出席。
計画案を検討する。資料とデータを再び見直し、概要をフィールドバックしていく。トレペにスケッチを作成。何時も新しいアイディアを考える際、思い浮かぶ事がある。アイディアとは全くの無から生まれる物ではなく、何かと何かの組み合わせで出来上がる物だと思っている。一つ大事な事がある。新しいアイディアの創造は通常結びつかない、又は一見関係の無い要素の組み合わせを思いつき、適所に当てはめる事が出来るかであり、安易なコピーを表すものではない。アインシュタインにしても、それまで歴史的に考え付かない組み合わせを思いついたことで新たな発明を見出している。頭の中に幾つもの引出しが有って、引出しの中の要素を組合わせる。ポイントは引き出しの数とそれを把握し組み合わせるキャパシティであり、引出しが把握できないほど多くても、組み合わせのパターンが創れない程少なくても駄目である。数案作成。
竣工間際の住宅で、建築主から家電のサイズが設計寸法に合うか尋ねられている。最近の洗濯機も冷蔵庫も空調機も徐々に大型化しているようだ。テクノロジーの進歩の一つで、小型化は常識と考えていたが、どうやら今はそうばかりではない。
夕方、加西のリフォームの打合せでクライアント御自宅へ向う。平面詳細図、断面、立面図で計画内容を確認していく。その他工程、概算を御説明し御了解いただく。色々と回り道はあったが、法的・コスト的にベストの工法で進む。
アトリエに戻る。計画案を検討。
# by kawazoede | 2007-03-11 23:10 | 日記 | Comments(0)
現場巡回
3月10日
朝、西脇へ。高床の家の定例会議に向う。現場は一段と賑やかになっていた。他の大工さんも応援で来られていた。棟梁は家具の製作中。一通り現場を見て廻る。建築主が到着し、現場の状況を見ていただく。その後、外構図、家具図を元に打合せを行う。施工者のY氏に同席して貰い見積を依頼する。
e0097130_23345094.jpg当初の外構設計では、南側の庭を広く取り、リビングからデッキを通して見る事を主に、庭をデザインしていた。今回、建築主からの庭を使いたいとの幾つかの具体的な御要望を反映し、改めてデザインした。雑木林、タイル敷きの土間、花壇の要素を組み合わせている。


e0097130_2335745.jpg家具は、既に発注の掛かったソファやチェアを除き、ダイニングテーブル、ソファテーブルを製作する様御提案し、検討を進める事になる。パースはダイニングに置かれる予定のJ39とソファテーブル。
一旦アトリエに戻る。先程の打合せ内容を図面化する。


加古川へ移動する。平岡町の家の定例会議へ。内装工事、タイル工事が行われている。数点打合せを行う。オープンハウスを3月25日に行わせて頂く事にする。
姫路へ移動する。途中、荒井の家の現場へ立ち寄る。具体的な工事はまだ行われていない。
姫路I邸の現場へ。棟梁が1階のフローリングを施工中だった。現場は何時も綺麗に片付けられている。几帳面そうだ。棟梁と言葉を交わす。一寸したイントネーションの違いを感じ尋ねると、やはり九州の出身の方だった。
進行中の現場4件に全て廻ることが出来た。アトリエに戻る。
計画案の資料を作成。
# by kawazoede | 2007-03-10 23:37 | 日記 | Comments(0)
1日のタイムスケジュール
3月9日
朝、アトリエで仕事を始める。実施図の最終訂正を完了し、検討図を作成。
計画案のクライアントが来所される。前回案についてご意見を伺う。迷われている中にも、方向性が少し見えて来ている。その後、法的確認のため一緒に土木事務所へ。計画の法的な判断を担当者に聞く。問題としていた点はクリヤーになった。計画は進めることが出来る。後は、コストとデザインと+アルファの要素が大きなポイントとなる。頑張らねば。
事務所へ。急いで実施設計図一式をプリントする。薄手のトレペで、プロッターに巻き込み四苦八苦する。以前、誤って購入したトレペで、使い切るまでと思い使用している。
木材販売の営業担当者が来所される。新しい樹種を持ってこられた。やはり木の香りを嗅ぐ。
家具で聞きたいことが有り、事務所近くにある北欧輸入家具のショールームへ。高床の家の建築主が既に発注された椅子を確認し、その後新商品その他についてお話を伺う。
事務所に戻り、夕方までにプリント完了する。すぐにコピーサービスの会社に図面を取りに来てもらう。
検討していた外構と家具のデザインをまとめていく。1日のタイムスケジュールの大きな括りが、午前中、午後、夜、深夜の4ラウンドに分かれていて、それぞれまでに終えるべき仕事を振り分けている。プロジェクト毎の頭の切り替えスイッチが、スケジュールに合わせてオン・オフされる。それでもどのスイッチも完全にオフになることは無く、ぐるぐると頭の中の領域を回遊しながらアイディアを巡らせている感じだ。
アトリエに戻り検討を進める。
# by kawazoede | 2007-03-10 00:17 | 日記 | Comments(0)
内観パース
3月8日
事務所にて、検討図を作成する。
午後、flat boxの地盤調査の立会いで灘区に向う。現地で位置の確認をし、早速調査に掛かって貰う。現状の敷地には既存土間コンクリートがあり、ロッドを入れる為にまずハツリをしなくてはならない。電動チッパーで最小限の開口を空けられていたが、なかなか底に達しない。1箇空ける為に15分ほどの時間を要し、厚みは凡そ150mmある。ずっと以前に、現場でコンクリートをハツル羽目になり、その大変さを思い出していた。敷地内の土間コンを全て取り除くにも相当な費用が掛かる。下の地盤に十分な耐力があれば、この土間コンを使い意匠・構造設計をした方が良さそうだ。残りの調査をお願いし、現場を後にする。
内観を検討。パースのデータのレンダリングに10分以上掛かる。何時も思うがパソコンのスペックの数字だけでは、実際どれほどスピードUPしたかよく分からない。プリント完了し打合せ資料を整理する。
夕方、姫路に向けて移動する。
姫路S邸の建築主御自宅へ打合せに伺う。インテリアのデザインについて打合せする。内観パース15面を提出し、建具、家具、色彩等を打合せする。3Dでパースを作成している為、同じアングルで色やディテールを変えた図は比較的容易に作成できる。手描きの風合いも捨てがたいが、デザインその物に時間を掛けることが出来る、と考えている。
アトリエに戻る。実施設計図を作成する。
# by kawazoede | 2007-03-09 03:26 | 日記 | Comments(0)
ハイビャクシンの新緑
3月7日
この所の暖かさで、今年植えたハイビャクシンが早くも緑に変りつつある。根の動きが既に始まった事を感じさせる。最初の年は旨く根が付くか不安定の為、これから秋まで小まめに水遣りをしなくてはならない。
朝、高床の現場へ。大工工事、左官工事、設備工事に加えて内装工事が行われている。大仕事の階段は丁度終わっていた。各所の納まりを打合せする。設備機器の取付け位置に多く質問があった。
加古川へ移動。平岡町の家の現場へ。此方も大工工事、設備工事、内装工事が行われていた。棟梁は濡れ縁を施工中。
事務所へ移動。途中、現場からの電話があり、一旦車を止め、図面を広げて指示を出す。電話での打合せになると常に1対1の会話となり、複数工事が関係する納まりでお互いコンセンサスが取れるか不安になってくる。情報媒体の新しい形として、3人以上で同時に会話の出来る、電話の様な簡易なツールが有ると良いのでは、等と考える。車中に差し込んでくる日差しが強い。
事務所へ。届いた家具の見積を整理し、建築主用に資料を作成。
検討図を作成する。
先日検討した塵置き場の提案は、予算が足りず来年度の事業となるとの御連絡を頂く。
夜、高床の家・建築主に、家具の件でアトリエに来て頂いた。資料を御説明しソファ、チェア、スツールが発注となった。
検討図を作成。その後実施設計図を作成。
# by kawazoede | 2007-03-08 01:58 | 日記 | Comments(0)
地鎮祭
3月6日
朝、高砂へ。荒井の家の地鎮祭に立ち会う。昨日より風は収まり、空は晴れている。少し寒さは戻ったが、地鎮祭日和となった。高砂神社の神主さんにより執り行われた。祭壇には鯛も供えられ、ご当地らしい。神事は途中に「笛」があったり、祝詞に設計事務所の名前が3度も出てきたりとこれまでに無い部分があった。滞りなく終了。朗らかな地鎮祭だった。建築主、施工者を交えた打合せを行う。今後のスケジュール、一部急がれる仕上げ材料の決定など協議。
事務所に移動する。実施図を作成する。家具の各社と電話で打合せする。ソファはC社、椅子はS社、スツールはY社と製品で別れている。
夜、flat-boxの建築主が来所される。作成した平面詳細図を御説明する。建具、家具、キッチンなどを打合せする。事前にキッチンや洗面のスケッチを描かれていた。御希望を把握し易い。その他、地盤調査について御説明する。敷地の現状地盤に土間コンクリートが打たれている。サウンディングの調査はポイント毎にコンクリートをはつり、ロッドを入れる。進める事で御了解頂く。
夜、三宮のカフェレストランで夕食を取る。パートナーと13回目の記念日をささやかに祝う。
# by kawazoede | 2007-03-07 08:19 | 日記 | Comments(0)
強風
3月5日
朝、西脇の高床の家の現場へ。強風が吹いている。廻りに建物が少ない為、特に風当たりが強い。現地に着くと棟梁がシートの養生を直してくれている。外部開口部のアルミサッシは工事の初期に取付けられるが、木製建具は最後になってしまう。養生は大変と思う。アトリエの工事の際も途中強い雨や風が何度もあり、同じく木製建具で気を遣った。
大工工事で数点打合せする。階段の材料が今日入ってくるらしく、大工工事最後の大仕事となる。棟梁にはこれからまだ、家具の製作という大仕事が残っている。
事務所へ移動する。午前中は、現場への指示図と資料の作成、その他段取りを行う。コラボのN氏と電話で打合せする。皆それぞれ忙しいと最近聞く様になってきた。
午後、先日問い合わせのあった方が面接に来られる。建築好きの様だ。回答を保留とさせて貰う。
実施図を作成する。
夜、高床の家の建築主より幾つか見たソファから、1品を選定したとの御連絡を頂く。寄り寛ぐ事ができるタイプのソファを選ばれたようだ。椅子も空間に合ったものを選ばれた。全てが揃う時期は早くても4ヶ月先となるが、その時は是非お邪魔したいと思う。
# by kawazoede | 2007-03-06 00:52 | 日記 | Comments(0)
平岡町の家・足場解体
3月4日
朝、姫路I邸の現場へ。建築主と打合せを予定していた。大工工事は順調に進んでいる。サッシ、外壁の構造用合板も張られている。建築主、施工者が揃い輸入の様式便器について協議。集めた資料を御説明し、施工上のチェックと見積を依頼する。旨く行けば初めて使う機器で楽しみである。
日中、車の中は暑くなり、窓を開けての走行となった。
神戸市北区へ移動する。午後、コンペのヒアリングでクライアント御自宅へ。アトリエと事務所の往復で通る道から近く、直ぐに辿り着く事が出来た。2週間後の提出の予定。
加古川へ移動。平岡町の家の定例会議を行う。足場が取れていた。今回計画では、道路側の壁に唐松を使い、全体とテクスチャーを変えた。建築主は色の選定で、黒から茶の微妙な範囲で悩まれていたが、良い色で落ち着いたのではないかと思っている。現況を見て頂き、その後、ロールスクリーン、カーテン等について打合せを行う。
e0097130_7311840.jpg






アトリエに戻る。実施設計図を作成。今日も盛り沢山の一日だった。
# by kawazoede | 2007-03-05 07:31 | 日記 | Comments(0)
ソファの選定
3月3日
朝、西脇へ。高床の家の定例会議に向う。現場には何時もより多くの車が止まっている。建築主は既に到着し、現場を見られていた。大工工事、設備工事、オーダーキッチン工事、内装工事で賑やかとなっている。各人から順次、質問を受ける。今日はこの後に、建築主と家具のショールーム廻りを予定している。長居は出来ず、過密に慌しく打合せを行った。一通り質疑を回答し、もう質問は無いか確認して現場を後にする。現場を離れて直ぐ、打合せが足りなかったのでは?と逆に気になり施工者のY氏に電話する。月曜の朝に、現場に行く旨伝える。
建築主と移動し、神戸市北区のE社ショールームへ。ここにはPPモブラー社他、デンマークの椅子数脚が置いてある。お勧めした椅子は気に入って頂けた様だった。
ランチを共にし、御堂筋の家具ショールームのA社へ。ソファを中心に見て頂く。オーダーする場合は別として、ソファや椅子は実際見て、座って、そして良く比べなければ購入はお勧めできない。写真やカタログの寸法では、自分の体とのフィットは決して分からない。勿論、特別に製品の持つポテンシャルやイメージを優先し、機能面を後にする事も有る。それでも出来れば現物に接する機会はあった方が良いと考えている。実際座ると脚や腰の当たり方が心地よかったり、具合が悪かったり差が出てくる。生地を選定頂き、2点について見積を作成して貰う。
その後、同じ御堂筋のC社ショールームへ。こちらにも巨匠建築家、デザイナーの家具が多数ある。時間を掛けてソファに腰掛けて貰う。同じく2点について見積を作成して貰う。
急いで神戸に戻る。その後の建築主の予定で、時間の制約があった。幸い、行きも帰りも阪神高速の渋滞は無く、事前に想定したタイトなスケジュールとは成らず時間の余裕が出た。三宮のカフェで休憩し、解散した。
一旦事務所に戻り、図面を作成。スタッフ募集の件で、面接希望のお電話を頂く。今回もそうだったが、ここ数回、面接の希望の電話で気になる事があった。行き成り用件から切り出される。まず自分が誰であるか名乗るべきではないかと思うが、此方から尋ねないと何時までも名前は出てこない。その様な問い合わせ方が連続し、最近の電話事情も変ってしまったのかと残念に思う。
アトリエに戻り、実施図面を作成。
# by kawazoede | 2007-03-04 00:57 | 家具 | Comments(0)
デザイン検討
3月2日
朝、アトリエで仕事を始める。
先日の塵置き場のデザインを纏める。作成完了後、依頼者へ図面等の資料を持参し御説明する。コスト的に実現できるか近く検討される。
辺りが暗くなってきた。終日アトリエで、仕事をする事も久しぶりである。夜から実施設計図を作成。
高床の家の外構図を検討。
# by kawazoede | 2007-03-02 23:43 | 日記 | Comments(0)
春眠暁を覚えず
3月1日
寝不足で目が覚める。朝は何時も思考が起動するまでに若干時間が掛かる。少なくとも大学生の頃まではそのような事は無かった。若さの為とは思うが、深く寝ている時に掛かってきた電話に出て、直ぐに通常の応答が可能だったが、恐らく今であれば頭の中の歯車はゆっくり回転し始める感じだろう。
事務所に向う。
模型を作成。CADで作成した模型用の図面をスチレンペーパーに写しカットしていくが、材料が足らない事に気付く。午後、購入の為出かける。
模型は夕方までに完了し、図面を作成。
アトリエに戻る。有馬街道の渋滞で車の進みが遅い。事故渋滞だった。月に3000kmも走っていると、週に何度か直後の状況を目にする事がある。
途中の山道で、道路の拡幅工事が行われている。この付近では事故を見かけたことが無い。道幅が狭く、返って注意して走るからではと思う。敢えて地山を削って道を広げる必要もないのでは、と常々思っている。
アトリエにて実施図を作成。
# by kawazoede | 2007-03-02 09:26 | 日記 | Comments(0)
2月は逃げる
2月28日
六甲オリエンタルホテル廃業のニュース。別棟で安藤忠雄氏設計の「風の教会」もあり、今後の動向が気になる。阪神系列で、創業70年以上の歴史がある。阪急・阪神の経営統合に伴い合理化され、同じエリアにある阪急系の六甲山ホテルは存続する。某ファンドによるマネーゲームのツケの清算が、顕在化してしまった形と考えている。個人的な思い出もあるホテルで残念。
事務所に向う道で時折強い雨となる。
事務所にて検討を進める。午後から模型の作成に取り掛かる。
建築主からの依頼で、洋便器の選定について調べている事があった。デザイン的な意図から輸入品を検討している。これまで、この類の器具は日本の2大メーカーしか選定していなかった。規格の違いは?機能面でのデメリットは?など気になる点があった。カタログを取り寄せ、電話で問い合わせ、承認図をファックスして貰う。施工上も問題ないことが分かった。フラッシュのボタンが壁に埋め込んであるタイプは国産品では見た事が無い。一見タンクレスだが、調べるとタンクが壁の中に納まり、壁にボタンだけが付いている形のようだ。また、ウォシュレットはごく日本的な設備であって、標準では付いていない。洗面器、水栓金具はボーダレス化しているが、トイレはそうではないと改めて認識した。
アトリエに戻り図面を作成。
2月もあっという間に過ぎ去った。
# by kawazoede | 2007-03-01 01:53 | 日記 | Comments(0)
仕上げ工事
2月27日
西脇へ。高床の家の現場に向かう。大工工事、左官工事、昨日から始まったオーダーキッチン工事が行われている。キッチンは工場で製作された物を現場で組み立てるため、辺りは扉、機器、面材で一杯となっている。キッチンのパーツの組み立てを見ていると、物が大きくなればなるほど、その構造は複雑化することを感じる。骨組みとなる構造部分があって、下地があって、仕上げがあってと言う構成は、小物、家具、建築でも同じである。よく無垢の構造材だけで何かを作ろうと試みるが、機能面等で旨く行かない事もある。
現場はこれから新手の職人達が入ってくる。これまで3ヶ月近く大工工事が主で、意思の疎通が図り易かった。住宅工事の仕上げに入ると、設計意図を解す間も無く短期間に数業種が入り、監理を注意しなくてはならない。そう言った意味で現場に足を運ぶ回数は必然的に増えていく。
事務所に移動。午前中は質疑回答と段取りで終る。
午後、カメラマンのT氏がお願いしていたポジを持参してくれた。出版社に送るために依頼していた物だった。近況を少し話す。進行中の建物の撮影時期がまだ定まらず、3月末頃で仮の予定を伝える。
歯科へ。先日保留としていた治療を行うことにし、仕事への影響が少ない日を選ぶ。
その後、下の階に入っている旅行代理店に立ち寄る。航空券の料金等について調べて貰う。
引き続き計画案を検討する。
土日の予定が漸く決まった。予定していた打合せを変更し、関係各者に御連絡する。打合せが集中し、時間の余裕を見ると打合せは1日3件までに抑えたほうが良さそうだ。
# by kawazoede | 2007-02-28 01:24 | 日記 | Comments(0)
桐油
2月26日
事務所にて、昨日の議事を整理し各現場と電話でやり取りする。
昼、所要で三宮へ。東公園の昼休みは長閑な春の風景となっている。暖かく、ベンチに腰を下ろし、ゆっくり昼休みを過ごす人が増えてきた。
計画案を作成。
夕方、家具のショールームへ、置いてある椅子を確認に行く。週末に家具の打合せを予定している。北欧の椅子を提案するつもりでいる。残念ながら価格改定で値上がりしているが、大事に使えば一生モノとなる選択の為、出来るだけ空間に合った良い物をと考えている。
アトリエに戻る。室内に入ると独特のオイルの匂いがしている。玄関框に桐油をパートナーが塗ってくれていた。ココナッツまたはピーナッツの香りで、2日ほどで匂いは無くなる。年に1回程度塗ってくれている。
引き続き計画案を検討。
# by kawazoede | 2007-02-27 08:26 | 日記 | Comments(0)