設計事務所の日記
by kawazoede
神戸市N邸の施工状況

57

神戸市N邸の現場へ。

建築主と定例打合せだった。

大工工事の終わりが近くなった。

凡その空間のイメージはつかめる状態となっている。

写真は2階からのもの。

大きな片流れの屋根が1階から2階にかかり、その屋根形状を活かした内部空間としている。

屋根を受ける登り梁も同じく1階から2階まで掛かり、空間の連続性を強調するものとなっている。

e0097130_00052683.jpg


by kawazoede | 2018-05-08 00:05 | 日記
<< 芦屋の家の施工状況 トネリコ >>