設計事務所の日記
by kawazoede
芦屋の家の竣工写真

918

先月撮影された、芦屋の家の竣工写真が届いた。

以下はその内の一部。

e0097130_23004287.jpg
e0097130_23004221.jpg
e0097130_23004371.jpg
e0097130_23004335.jpg
e0097130_23004420.jpg
e0097130_23004363.jpg
e0097130_23004471.jpg
■コンセプト

敷地は比較的密集した古い住宅地内にあり、周辺を住宅に囲まれています。また街区の地形に傾斜があり、周辺の隣地と大きく地盤面の高さが異なります。

建物は切妻のシンプルな形です。

近隣との相互のプライバシーを考慮し、窓と庭を計画しています。東の隣地との段差は2階の床の高ほどあり、隣地が上がっています。その段差を解消する擁壁を壁に見立て、ダイニングから見た時の中庭としています。リビングでは直接、道路側や隣地側に窓を設けず、建物の角に設けた小さな中庭を介して、掃き出しの窓を設けています。

 室内では、階段を中心に回遊するプランとしています。動線に変化が生まれ、コンパクトな規模の住宅であっても内部空間に奥行きを感じます。


by kawazoede | 2018-09-18 23:02 | works
<< 将来対応 川西台の家の施工状況 >>