G美術館の定例会議

313

午前中、G美術館の施工定例会議に出席。

引き続き、建築主との定例会議。

打合せの内容は仕上げ、外構などについてだった。

建物と地盤面との接点の扱いで、検討事項があった。

道路から建物までの距離が短い。また、住宅が立ち並ぶ周辺に対して、地盤面と建物の接点は重要なポイントと考えていた。

幾つかの案があったが、建物の外周部に分厚い鉄板を敷くことで、周辺環境との関係性を一旦断つデザインとなった。

e0097130_10034022.jpg
e0097130_10034077.jpg

建物の犬走りの、錆びた分厚い鉄板の表現は他に見た記憶がなく、仕上がりが楽しみ。


by kawazoede | 2019-03-14 22:43 | 日記
<< 見積の査定 中庭の家 >>