宮前の家の竣工写真

先日撮影いただいた宮前の家の竣工写真が届いた。

写真:冨田英次


宮前の家の竣工写真_e0097130_22370038.jpg
宮前の家の竣工写真_e0097130_22370045.jpg
宮前の家の竣工写真_e0097130_22370161.jpg
宮前の家の竣工写真_e0097130_22370101.jpg
宮前の家の竣工写真_e0097130_22370197.jpg
宮前の家の竣工写真_e0097130_22370168.jpg
宮前の家の竣工写真_e0097130_22370064.jpg

□コンセプト

敷地は高砂市の本町通りに近い位置にあります。
本町通りでは今も残る町屋を見る事が出来ます。間口が狭く平入りの形式で、屋根が道に向かって降りてくる家並が連なっています。
宮前の家は2世帯住宅です。
2
世帯を2層に分けるのではなく、2つの棟に分け、その間に共通の玄関と階段ホールの棟を設けています。道に面して、3つの棟が連なる構成としています。その構成に先ほどの町屋の連なりを引用しました。平入りの屋根がずれて3つ、連なっています。
視覚的に世帯を分けつつ繋ぎ、地域の町屋の形式を用いた外観の住宅です。

by kawazoede | 2020-02-07 22:38 | works
<< 東雲町の家の施工契約 Aカフェの施工状況、ドアノブの... >>