設計事務所の日記
by kawazoede
リンク
カテゴリ
全体
works
オープンハウス/イベント
日記
pick up!
家具

インドとネパールの旅'17
バリ島の旅'17
キューバとメキシコの旅’16
スリランカの旅’14
トルコの旅'13
サンフランシスコの旅'11
メキシコシティの旅'11
ポルトガルの旅 '09
スイスとロンシャンの旅 '09
デンマークの旅 '07
フィンランドの旅 '07
オランダの旅 '06
ドイツの旅 '06
スペインの旅'04
イタリアの旅'04
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:キューバとメキシコの旅’16( 1 )
キューバとメキシコの旅’16

619

e0097130_14513699.jpg
午後、関空からユナイテッド航空の便でサンフランシスコへ。

5
年ぶりのサンフランシスコ国際空港からメキシコへの乗り継ぎ。

出発日の1919:20に、メキシコシティ国際空港着。
e0097130_15065673.jpg
今回のツアーの最初の目的地はメキシコシティではなく、次の乗り継ぎの時間の都合で、空港内のホテルに1泊。
e0097130_14523037.jpg
ホテルのロビーに入り、他都市と違うメキシコの建築のスケールの大きさを感じ、その感覚を思い出した。

ホテルの直ぐ近くに空港内のフードコートが有り、幾つかのお店を物色。
e0097130_14563246.jpg
一番端に有ったメキシコのローカルフーズをチョイス。

e0097130_15070659.jpg

e0097130_15075896.jpg


メニューは「torta cubana」で、美味しく頂く。

6
20

翌朝、メキシコシティ国際空港からアエロメヒコ便でキューバへ。

e0097130_14571708.jpg

現地時間14:10、ハバナ近くのホセ・マルティ国際空港に到着。
e0097130_14573294.jpg
初めての国は、日が明るい内に到着できると印象も違ってくる気がする。

小さな空港、でも、想像していた程レトロでもない。

出口から直ぐの所に両替所が有り、早速換金。
e0097130_14575164.jpg
こちらも特に問題なくスムーズ。
 
空港の出口付近では、タクシーの乗り場を直ぐに見つける事が出来る。
e0097130_14582682.jpg
ハバナの市街地へのタクシーは現代の物だった。徐々にクラシックカーは無くなりつつあるとの情報は本当だったかと残念に思ったのも束の間、道に出ると半分以上はクラシックカーだった。
e0097130_14582757.jpg
e0097130_14582863.jpg
タクシーの様子は、その国のモラルや治安の様子も反映し易い。

キューバでは5回タクシーを使ったが、不快な思いは特になかった。

市街地に近付くにしたがって、建物、人々、車など、キューバ特有の風景が目に入ってくる。

まだ、グローバリズムにフォーマットされていない美しい世界。

インターネットで予約していたHOTEL SARATOGAに到着。
e0097130_14592757.jpg
社会主義国でインターネットでの予約にやや不安を感じていたが、特に問題なくチェックインできた。

また、HOTEL SARATOGAのネット接続はフリーwifiで重宝した。

直に街に出る事にした。

e0097130_15000872.jpg

ハバナの街はこのシーズン、湿度が高い。
e0097130_15002162.jpg
ホテルは旧国会議事堂(カピトリオ)がある大通りに面し、車の往来も比較的多い。

やはりクラシックカーに目が行く。しかも普通に日常使いされている方から、タクシー営業されている方、色もカラフルで見ているだけで楽しい。

ホテルの前にも観光用のタクシーが数台あり、その内の1台のドライバーから声を掛けられる。今日は初日で街を歩きたいので明日に、と伝え名前を控えさせて貰った。
e0097130_15083201.jpg
ハバナ旧市街のメインストリートであるオビスポ通りを歩くことにした。

直に観光用のクラシックカーの溜りを発見!
e0097130_15141779.jpg

街を歩いていると既に、数人の人に声を掛けられた。半分くらいは客引きの様にも聞こえるが、強い営業などは無く、気さくに声を掛けてこられている感じを受ける。

滞在中、営業ではない人たちからも、多く声を掛けられ、どこから来た?日本、野球が盛んだね!技術が優れている国だ!など、素朴な会話が多かった。

因みに、旅行先の初日に10人程の人たちと握手かハグをしたのは初めての事だった。

オビスポ通りに入る付近で既に、カフェから陽気な音楽が聞こえてくる。

気になりつつもオビスポ通りへ。
e0097130_15104687.jpg
ローカルショップが軒を連ね、賑やか。

建物はスペイン統治時代からの物をそのまま使われている感じ。
歴史的建築物でも懐古趣味ではなく、実際に使われる生きた建築と言った感じを受ける。
e0097130_15151767.jpg
通りの沿いのカフェでは、彼方此方で演奏が行われている。レベルの高さに、つい足を止めてしまう。
e0097130_15114553.jpg
テーブルに着き、キューバらしいアルコール、ピニャコラーダとモヒートをオーダー。
e0097130_15121418.jpg
暑さ、高い湿度、キューバ音楽が入り混じり、酔いも心地良く、いつもと違うテンションと成ってしまう。

パートナーが事前にチェックしていた、ピエハ広場近くのcafe taberna へ。
e0097130_15124190.jpg
キューバ音楽のショーとキューバ料理のディナーを予約するためだった。

ディナーショーのデポジットは全額の100cuc(50cuc×2人)。やや躊躇したがマネージャーさんと少しお話しした感じで、問題なさそうだった為お支払いし、予約を入れる事にした。

夕方、オビスポ通りを出て 、岬に向かうマルティ通りを歩く。
e0097130_15144572.jpg
大きな遊歩道となっていて、そこでは黄昏時、多くの人達が集い楽しんでいる。サッカー、音楽、井戸端会議、老いも若きも。

横目に見ながら岬を目指す。

このシーズン、夕方に雨が降るらしい。
e0097130_15150484.jpg
カリブ海の沖の方から雨雲が近付くのが見える。

しばし海を眺め、来た道をホテルに戻る事にした。 

帰りの道もまだ、人々の集まりで賑やか。

ギターを手にした男性から声を掛けられる。
e0097130_15153530.jpg
e0097130_15164445.jpg

俺の音楽を聞いてくれ、と私たちの為に一曲、演奏してくれた。

うむ、なかなかの物。

チップは要求されなかったが、ポケットに小銭を入れさせて貰った。

20:30
に予約していたcafe tabernaへ。

昼間のマネージャーさんが一番前の席を案内してくれた。ありがたい。

キューバの料理 は比較的あっさりな印象。素材を生かして美味しく調理している感がある。
e0097130_15173829.jpg
e0097130_15173025.jpg

同じスペイン領だったメキシコとは違うテイスト。

バンドメンバーが私達のテーブルの横を次々に舞台へ。
e0097130_15175694.jpg
演奏は初めから感動!そして感動!
e0097130_15181620.jpg
ダンサーも入り、後半、テーブルの客も引っ張られて一緒にダンス。
e0097130_15181788.jpg
パートナーも楽しく踊れたようだ。
e0097130_15181731.jpg
ハバナの初日の夜は、感動と興奮で更けていく。
e0097130_15592188.jpg
ライトアップのガルシア ロルカ劇場



6
21

朝は遅めにcafé Bianchiniで頂く。お店のスタッフの若い二人が良い感じだった。ご夫婦だろうか?
e0097130_15205511.jpg
e0097130_15210928.jpg
道の真ん中でお昼寝中の犬

すぐ近くのハバナ大聖堂
(cathedral)へ。

e0097130_15215872.jpg

e0097130_15215992.jpg

18世紀に完成したバロック建築。やはりメキシコのバロックとの差が感じられる。大きな要因は原住民の文化の影響が無かったか、有ったかによるものと考えている。

折角なので塔の上に登る事にした。

e0097130_15222712.jpg

石造の階段から、鐘楼は木造の急こう配の階段で、スケルトン状態。やや緊張感を覚える。

塔から市内を見渡すことが出来る。

そこから歩いて約
10分の革命博物館へ。

e0097130_15225990.jpg

革命時の資料、別館で使用された航空機も展示の筈だったが、建物の改修中で、近くで見ることが出来なかった。

e0097130_15232868.jpg

e0097130_15232897.jpg

e0097130_15232702.jpg

その隣のハバナ国立美術館へ。

e0097130_15235263.jpg

キューバアートの植民地時代から現代まで幅広いコレクションとなっている。

紹介されることが少ないせいか、これほどアートが盛んとは知らなかった。

一旦ホテルに戻る途中、近くのスーパーで飲み物を購入。

e0097130_15240332.jpg

品数はそれほど多くなく、私たちがイメージするスーパーの雰囲気とは若干違う。

夕方、昨日ホテルの前で会った、クラシックカーのタクシードライバーを呼んでもらった。

e0097130_15243428.jpg

e0097130_15243339.jpg

1時間で28cucが相場らしい。他でも声を掛けられたが、同じ金額だった。

乗り込んだ車は、ドライバーのお話だと、パトカーとして使われていた歴史があるとの事だった。

海沿いの道を通り、旧市街から新市街に入り、終着点は革命広場だった。

e0097130_15260379.jpg
広場は建物と塔に囲まれ、広いが何もない。

戻りはホテルではなく、事前にチェックしていたイタリアンのレストランに止めてもらう。

e0097130_15265892.jpg

e0097130_15283029.jpg
ハバナらしい海の料理をそれぞれオーダー。美味しく頂く事が出来た。


帰りの時間、まだ明るかったため、岬まで夕陽を見に歩く。

e0097130_15271030.jpg

622

ハバナの旧市街は小さな街で、3日目となると大凡は把握できる。

e0097130_15274719.jpg
ピエハ広場のcafeEscorialで朝食。
e0097130_15274882.jpg

そこから歩いて約10分のサン・ホセ民芸品市場へ。途中の道は、観光地から徐々に離れ、ハバナ市民の生活を垣間見ることが出来る。

e0097130_15280803.jpg

e0097130_15285332.jpg
e0097130_15292997.jpg

果物屋さん、パスタの立ち食いのお店、木工所、TVの前に集まり皆でTVを見る人たち(これは父に聞いた以前日本にもあった風景)、道で遊ぶ子供たち、、、それだけでも興味津々だった。


市場は、広大な空間にアート作品、民芸品のお店が一杯。

e0097130_15421574.jpg

一昨日のショーで、歌手の方たちが被っていた帽子がどうしても欲しくなり、帽子専門のお店を物色。

値交渉するべきものだったかしれないが、言い値の12cucで購入。


早速気分よく被り、町を歩く。

ピエハ広場で花売りの二人につかまり、最後はチップを要求されてしまう。

e0097130_15434544.jpg

観光地でよくあるシーンだが、キューバでは殆ど見かけず油断してしまった。これもグローバリズムの負の恩恵かも知れない。


ピエハ広場近くのチョコレート専門のカフェ・Museo del Chocolateへ。

e0097130_15525562.jpg
何時も人が一杯で、少し待って座る事が出来た。

e0097130_15522191.jpg
定番のアイスチョコレートをオーダー。濃厚で美味しい。


ガルシア ロルカ劇場へ。何度も前を通り、外観は見ていたが、内部を見学する事にした。

e0097130_16001921.jpg

クラシックバレーの講演とは別に、見学のためのツアーも5cucで行われている。

e0097130_16004835.jpg

e0097130_16005898.jpg
e0097130_21424594.jpg

スタッフの方に付いてご説明頂く、30分ほどのツアー。

キューバの当時の繁栄を伺う事が出来る、豪華な劇場の造りだった。

オビスポ通りに戻り、カフェで演奏を聴きながらダイキリをオーダー(3cuc)。キューバに来てダイキリを一体何杯飲んだのだろう?分からない位よく飲んだ。

e0097130_16021273.jpg

夕食はピエハ広場に近いLa Imprentaで取る事にした。

印刷所の建物を利用し、広めの空間で気持ちが良い。

e0097130_16023766.jpg
e0097130_16025147.jpg
陽気で感じの良いスタッフたち。
ここでも美味しく頂くことが出来た。少し飲みすぎたかもしれない。

帰りの道は気分よく、やや千鳥足となってしまった。

通り沿いの店でアイスクリームを購入。シングルでお願いしたが閉店間際の為か、他の理由か、サービスでダブルにしてくれた。

e0097130_16035062.jpg

食べつつ、ホテルに向かって歩いていると、一緒の方向に歩く方から、日本語で話しかけられる。

よく見ると2日前に同じく話しかけてこられた方と、奥様。

実は、ハバナの初日、別の場所での事だった。

日本語は、会話に問題ない高いレベル。

つい英語で話していると「日本語で話してください!」と2回も言われてしまった。

日本語も読めるとの事だったので名刺を渡して、その場で別れる事にした。

e0097130_16053885.jpg


6
23

朝、一旦ハバナを去り、もう一つのキューバの目的地、バラデロに移動だった。

事前に予約した乗り合いバスが、ホテルまで迎えに来る予定、が、なかなか来ない。

コンシェルジェに電話を掛けてもらい、聞くと間違いなく向かっているので待ってくれとの事だった。

1時間遅れてバスが到着。

中には、外国人観光客が一杯。ホテルをそれぞれ廻り、私たちのホテルが最後だったらしい。

これでは遅れても仕方ないか、と納得。

バスは、海沿いから幾つかの町を抜け、バラデロに向かう。

e0097130_16061285.jpg

時折、ローカルな、人々の生活を垣間見ることが出来る。

e0097130_16063149.jpg
結構スピードを出して走りぬけるクラシックカー。
e0097130_16063680.jpg

ここでも順路に沿って、手前のホテルから順番にストップ。

私たちは岬の先端付近、最後の方で、約3時間半でホテルに到着。

e0097130_16075186.jpg

ホテルは、こちらもインターネットで予約したRoyalton Hicacos – Varadero

ネットはフリーではなく、市内と同じくカードを購入し、ホテルのフロント付近のみで接続するもの。

部屋で荷物の整理を早々に済ませ、やや足早に海に直行した。

e0097130_16081753.jpg

28km続くバラデロのビーチ。美しい。。。

ビーチベッドでダイキリ、モヒート、ダイキリ、、と、夕陽の時間まで過ごす。

e0097130_16104670.jpg

624

ビーチリゾートに宿泊した際は、何時も日昇時間にビーチを見に行く事にしている。

e0097130_16182542.jpg
この日も、まだ人がいない時間にビーチに着いた。

誰もいない、朝焼けのビーチは昼間とは違う美しさがある。

裸足で波打ち際を少し歩く。

ん、遠くからプロペラ機のような音が聞こえる。

すると丁度真上の低空を、複葉機が海岸に沿って飛んできた。

珍しい。キューバらしい古い機体。

e0097130_16160439.jpg

後の情報で、antonov2であるらしいことが分かった。

大の飛行機好きで海好き、朝からかなりのテンションが上がる

やっぱりパイロットになればよかったかもと、子供の様に喜んでしまった。

日中はビーチでゆっくりと過ごす。


夜、予定されていたダンスと歌のショーだった。

e0097130_16173625.jpg
ホテルでは毎日、何れかのショーが開催されている。

やはり、キューバだけにしかない音楽とダンス。スペインの影響は強く感じるが、その後キューバで独自に発展した特有の物。

ここでも、キューバ文化を堪能。


625

再びハバナに戻る日。

e0097130_16192757.jpg
朝、ビーチを見て、再び来ることを誓いながらホテルを後にする。

帰りのバスはバス会社・ルートが違い、内陸部を通る。

予定されていた時間に到着。

タクシーで、キューバ最後の夜を過ごすHotel Habana 612へ。

e0097130_16213034.jpg

通りから一本入った市街地で、ホテルが面する通りにはハバナ市民の生活が溢れている。

e0097130_08234430.jpg

近くのオビスポ通りに入り、カフェで演奏される音楽と共にモヒート、ピニャコラーダ、ダイキリを楽しみ、キューバ最後の夜を迎える。


3
日前、夕食で訪れたLa Imprentaで再び夕食。

e0097130_16230749.jpg

食事が終わろうとするとき、ガラス越しの通りから手を振る人が見える。

何と、3日前に日本語で会話したEddyさんだった。

まさか3度も会うとは。。。

暫し色々とお話し。今度はEddyさんの住所を記録し、その場で分かれた。

ホテルは市街地で土曜日、夜中まで賑やかで、やや睡眠不足の夜となった。


626

早朝の3時に起床。

支度し飛行機の都合で4時にチェックアウトした。

フロントで有り難い事に、サンドイッチを二人分用意してくれていた。

ホテルに頼んでおいた車も時間通りに到着。

普通のタクシーが来るだろうと思っていたが、嬉しいクラシックカーだった。

e0097130_16240041.jpg

ホセ・マルティ国際空港から来たルートを戻り、メキシコシティ国際空港へ。

アエロメヒコ便に搭乗。

名残惜しく、機内の窓からハバナの風景を眺める。

e0097130_16255185.jpg

1100、やや遅れてメキシコシティ国際空港着。

タクシーで、市内に移動。

日曜日のせいだろうか?前回訪れた時より、交通量は少なく、全体に運転のマナーが良くなっている気がする。

以前の荒く、激しい印象が減った。


5年前にも滞在したカミノレアルホテルにチェックイン。

e0097130_16263240.jpg
e0097130_16273936.jpg
e0097130_16273892.jpg
e0097130_16274072.jpg
e0097130_16273921.jpg
やはり素晴らしいホテル。

これまで宿泊した中で、最も好きなホテルかもしれない。


5年前に見逃した建築・美術館を事前に調べてあった。早々にホテルを後にする。

ホテルはチャプルテペック公園に面し、幾つかの美術館、博物館に近い。

当日、日曜日で公園付近は出店も出て人が一杯。

e0097130_16281576.jpg

先ずは近代美術館へ。

e0097130_16282231.jpg
e0097130_16284109.jpg

近代から現代まで収蔵している点数はかなりの量だった。

ムフィーノ・タマヨ、フリーダ・カーロの作品も有った。


其処から歩いて直ぐのルフィーノ・タマヨ博物館へ。

e0097130_16290316.jpg
コンクリート小叩きの内外壁仕上、中心のホールのレベルを変えた空間構成、天井に斜めに入るトップライトが印象に残る。

e0097130_16292710.jpg

素晴らしい空間デザイン。

展示はこちらも多く、偶々、イサム・ノグチ展が行われていた。

それにしても、先程の近代美術館も同じだが、作品へのセキュリティが低い感じを受ける。

絵画もすぐに触れそうな位、位置が近いように感じる。

それだけ美術品に対するモラルが高いという事だろうか?

お昼も兼ねて博物館のカフェに入る。感じの良い空間。

e0097130_16300784.jpg

前回はメキシコ料理をあまり食べる事が出来なかった為、積極的に選ぶことにした。

私はエンチラーダ、美味しい。

e0097130_16301120.jpg

バスを使って、ソウマヤ美術館へ。

e0097130_16303161.jpg

うねる外観がかなり目を引く。

内部はスロープで各階を繋ぐ形式。

e0097130_16310303.jpg
e0097130_16310471.jpg
外観のインパクトがある形状が内部に感じられないのが残念。

再びバスを使いホテルに戻り、1968年デザインのカミノレアルホテルをあれこれと見て回る。

e0097130_16330385.jpg
e0097130_16324677.jpg
e0097130_16321315.jpg

627


朝よりホテルのロビーで迎えの車を待つ。

HISメキシコシティさんに、事前に予約を入れていたパーソナルツアーだった。

今回、メキシコ国立自治大学とプリエト邸(ルイス・バラガン)だった。

パーソナルツアーなので、参加者は私とパートナーのみ。

前回もHISさんのバラガン・ツアーに参加し、その記録が残っていたようだ。

メキシコに観光でこの短期間に2回も訪れる人は珍しい、との事だった。

因みに前回は、サテライトタワー、サン・クリストバルの厩舎、カプチーノ礼拝堂、バラガン邸、ヒラルディ邸だった。


今回のメキシコ国立自治大学は、主に壁画を見学する内容。

e0097130_16335730.jpg
e0097130_16335819.jpg
e0097130_16335654.jpg
e0097130_16335815.jpg
壁画に込められた歴史的意味に、色々と考えさせられる事が有った。

アステカ人、スペイン人、メキシコ人、多くの血が流れ、融合し、お互いを尊重し、そうした歴史を踏まえた上でのメキシコ人としての誇り、そう言った事を感じる。

アメリカやオーストラリアが原住民を排除し、融合しきれなかった事と対照的でもある。


プリエト邸は、今は閑静な住宅街の中にある。

e0097130_16344115.jpg

しかし、建てられた当時は溶岩が広がる何もない土地で、バラガンがここに住宅を建てたのち、町が出来た。

最初の所有者から、今は別の所有者に代わり、週末住宅として使用されている様だった。

驚くべき事だったが、私たちが本で見ていたプリエト邸の壁の色は最初の所有者が後で塗り替えた物だった。

e0097130_16344964.jpg
e0097130_16362961.jpg
e0097130_16363382.jpg
e0097130_16363151.jpg
e0097130_16363345.jpg
e0097130_16362851.jpg

今回、説明頂いた現地の設計事務所の方が、所有者から依頼を受け、当初の形に復元し終えた所との事だった。

彼の説明では90%以上はオリジナルに戻った様だ。丁度、復元が終わったところで、その状態を見た日本人は私たちが最初らしい。

内壁の色は白ではなく、パステルのグリーンやパステルのピンクが使われている。

塗装をはがし、残っていた元の塗料を調べ、その色で塗ったとの事。

庭のプールの向こうに溶岩の地形がある。

e0097130_16375439.jpg

これも途中で埋められていたようだが、現在は元の姿に戻っているとの事だった。

その他、最初に建った時は周りに何もない為塀は無かったが、徐々に周辺は建て込み、高い塀を設けて現在の姿になった等。因みにその塀の設計はバラガンが行ったとの説明だった。

大変興味深く、面白いと感じる。

空間の構成は、これまで見たバラガン邸、ヒラルディ邸と若干違う。

玄関を絞って狭くではなく、大きくリビングに広がっている。

巧妙に歩かせてシークエンスを感じさせるではなく、比較的シンプルな空間構成。

バラガンのデザインの変遷を感じる。

非常に有意義なツアーだった。


帰りの車は、ホテル着ではなくバスコンセロス図書館にしてもらった。

e0097130_16392588.jpg
e0097130_16392674.jpg
e0097130_16392725.jpg

こちらも事前にチェックしてあり 見学する事にしていた。

入り口で荷物のチェックはあるが、自由にだれでも使える豊かな空間があり、驚きを感じる。

非常に大きな細長い図書館で、中心に吹抜けが有り、そこに向かって書棚と床がせり出している。

見た事が無い面白い空間。やはり印象は近未来的。


図書館から出て直の地下鉄の駅付近に、メキシコのファミレスを発見。

メニューに写真が有る為分かりやすいと、昼食をそこで取る事にした。

英語は全く通じない。メニューを指でさし、幾つとオーダーしたつもりが、一つ余計に来てしまった。

2人で 食べられない量では無かったので、頂く事にした。

ファミレスの食べ物はある程度癖を押え、平均化した味。私達には美味しく食べやすく、丁度良かったかもしれない。

e0097130_16401275.jpg
e0097130_16401328.jpg

地下鉄を乗り継ぎ、ソカロ広場へ。

地下鉄も以前の雰囲気と違って感じる。

普通の街の地下鉄と変わりがなく、以前のやや危険な感じはあまり感じない。

ソカロ広場からメキシコシティ・メトロポリタン・カテドラルへ。

e0097130_16404186.jpg
e0097130_16404242.jpg
e0097130_16404164.jpg

スペイン統治下のバロック様式。

石の装飾にヨーロッパのバロックと違うアステカのデザインが混じっている。

建物は内部を歩くと直ぐに分かるほど床が傾いている。

元々メキシコシティは湖の上に作られた街。

当然地盤は良くなく、スペイン統治時代の建物は傾いている物が多い。

湖の埋め立てはスペイン時代のみならず、それ以前のアステカ人によっても行われていたそうだ。

e0097130_16413674.jpg

其処からアラメダ公園に向かって歩く。

ラテンアメリカンタワー、ベジャス・アルテス宮殿を見ながら中央郵便局へ。

e0097130_16413377.jpg
e0097130_16413605.jpg

中央郵便局にはバロック調、アールヌーボー調の美しい階段がある。

e0097130_16413552.jpg
e0097130_16413482.jpg
e0097130_16421250.jpg

2階まで上がる事が出来る。


直ぐ近くのCafe de Tacubaへ。

e0097130_16425055.jpg
e0097130_16425105.jpg

古き良き時代のメキシコのカフェ。フリーダ・カーロとディエゴ・リベラが披露宴をした場所でもある。

Takuba chocoとミルクシェイクをオーダー。なかなか良い。


観光バスに乗り、ホテル方向へ。
途中、革命記念塔を通った。

e0097130_16432073.jpg
主要な幹線であるレフォルマ通りも、5年前と風景が違う。

e0097130_16431970.jpg

高層の建物が増え、今、急速に発展するメキシコシティを見る事が出来る。

メキシコシティ、及び今回のツアーの最後の夜は、ホテルでゆっくりと過ごす事にした。

翌朝の飛行機も早めで未明の2:30起床の為だった。


628

予定通り、3:20にホテルをチェックアウト。来たルートと同じくタクシーでメキシコシティ国際空港、ユナイテッドでサンフランシスコを経由し、関空着。

e0097130_16445052.jpg


今回のツアーは建築、街、人々、音楽とダンス、ビーチと好きな物、盛り沢山だった。

これまでにない感動。

さらなる感動を求め、次はどこに行こう?


by kawazoede | 2016-07-14 16:46 | キューバとメキシコの旅’16