設計事務所の日記
by kawazoede
リンク
カテゴリ
全体
works
オープンハウス/イベント
日記
pick up!
家具

インドとネパールの旅'17
バリ島の旅'17
キューバとメキシコの旅’16
スリランカの旅’14
トルコの旅'13
サンフランシスコの旅'11
メキシコシティの旅'11
ポルトガルの旅 '09
スイスとロンシャンの旅 '09
デンマークの旅 '07
フィンランドの旅 '07
オランダの旅 '06
ドイツの旅 '06
スペインの旅'04
イタリアの旅'04
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
高齢者複合施設(GARDEN LIVING)の外観

228

高齢者複合施設・GARDEN LIVINGの施工定例打合せへ。

定例打合せは今回が最後となった。

主な工事は外構となっている。

建物の外観はほぼ完成に近い状態となった。

e0097130_22520790.jpg

67mほどあり、切妻の軒先のラインが長い外観デザイン。

2階バルコニーの手すり壁は透明のガラスと樹脂木のルーバーとしている。

2階室内から庭への眺望を確保するため透明のガラス、また、逆に庭からのプライバシーを考慮してルーバーという構成としている。


by kawazoede | 2018-02-28 22:56 | 日記
鉄の壁

227

午前中、竣工後12年の姫路の住宅へ。

去年末に伺っていたメンテナンスについて打合せ。

各社にも参加いただき、メンテナンス個所の見積をお願いすることにした。

建物の長寿命化を考え大規模なメンテナンスをどの段階で考えるかは、それぞれかと思う。

一つの目安として15年前後が妥当ではないかと考えている。

空調機、一部家具でメンテナンスが必要だったが、凡そ問題ないようだ。

写真は玄関のニッチ。

e0097130_22192862.jpg

玄関を入ると正面の壁に、スチールの無塗装の鉄板をニッチの奥の壁に取り付けている。

時間とともに鉄の薄っすらとした錆がゆっくりと進行する。

自然な時間の流れを楽しんでいただければと考えたものだった。

その後、G美術館の設計打合せで建築主を訪ねる。

今回も某メーカーにご協力いただき、照明のテストを行って頂いた。結果は良好。

その後図面の打合せ。漸く基本設計は終わりかもしれない。


by kawazoede | 2018-02-27 22:19 | 日記
box+voidのリビング

高台の眺望が良い敷地です。


眺望を活かす様、FIX窓の枠を隠し、ガラスの框の引戸も壁に入り込みます。


空間の有り方とディテールは、関係性が深い物です。

e0097130_22182781.jpg


by kawazoede | 2018-02-26 23:14 | pick up!
高田井町の家の施工状況

225

午前中、高田井町の家の現場へ。

建築主と定例打合せ。

現場は大工工事が大詰めとなっている。

壁天井の石膏ボードが進み、空間のイメージが最終形に近くなった。

一番奥の寝室に通り抜けできるクローゼットがある。

その出入口は建築主のご希望もあり、アーチ型としている。

e0097130_15353209.jpg
楽しい空間となりそうだ。

お子様も楽しそう。


by kawazoede | 2018-02-25 15:35 | 日記
外壁色のご検討

224

芦屋の家の現場で、建築主を交え定例打合せだった。

外壁の塗サンプルをビームスコンストラクションさんに作成いただき、建築主に見ていただく。

e0097130_15244912.jpg

一般的な話だが、小さなサンプルで見るより大きな面に塗られたもののほうが色は薄く感じる。いわゆる面積効果と言われるもの。

日の当たり方でも違って見える。現地での光の具合、隣家からの反射光などその場にしかない光の影響を受ける。

基本的に外壁の色の最終のご検討は、現場に実際のサンプルを置いてご確認いただいている。

今回は薄めのグレーの色をご選定いただいた。

以下は以前作成したそのCG

e0097130_15282312.jpg


by kawazoede | 2018-02-25 15:28 | 日記
建築士の立ち位置

223

午前中、新規にお問い合わせがあった方と面談。

増築、既存建物の改修などについてお話を伺い、所見をお伝えする。

木造住宅の改修は、リフォーム・リノベーションとして最近よくその事例を目にする。

厳密には構造体の変更を伴う大規模な改修は確認申請が必要となる。

その際、大きな問題となるのが現行法への適正化がある。

構造体の適正化は過大な費用が必要とされることが多い。

TVなどのメディアで取り上げられる事例では法的にやや気になる事例もあるが、そこは不問とする風潮が現在、一般社会・行政にあるように感じる。

逆に1級建築士の立場は私が独立してからの18年で大きく変化し、法的・社会的に厳しいものとなった。

故に、そのギャップを埋めることも容易ではないと考えさせられるお話だった。


by kawazoede | 2018-02-23 22:35 | 日記
メジロ

222

アトリエの白玉椿の蕾が開き始め、それを目当てに野鳥が今年も来ている。

今年は例年に比べ開花が遅く、それに合わせて飛来の時期も遅い。

メジロも複数で飛んでくる。

写真をと思うが、何時も警戒心が強く、すばしっこく動きなかなか写真が撮れない。

その様子も楽しく見ている。

例年の楽しみとなっている。

e0097130_23072339.jpg

以前作ったLEGOメジロ。


by kawazoede | 2018-02-22 23:07 | 日記
cube×CUBEの2階
住宅の中で回遊する事が出来ると、空間が展開し変化が生まれます。直線的な動きではなく、移動に伴い視界が切り替わり、家全体として広がりを感じます。狭い空間の中でも敢えてその様な動線を造り、生活を楽しんで貰えればと考えています。
e0097130_23041381.jpg

by kawazoede | 2018-02-21 23:02 | pick up!
高齢者複合施設(GARDEN LIVING)の施工状況

220

午後、養父市へ。

高齢者複合施設・GARDENLIVINGの現場打合せだった。

内装工事はほぼ完了し、設備工事、外構工事が行われている。

アプローチから建物を見ると、切妻の形が連なり山の形状へとつながっていく。

e0097130_22401492.jpg

庭に面した2階バルコニーにはルーバーを設け、庭からのプライバシーを確保している。

e0097130_22401385.jpg

4月からのオープンに向け、外構工事、植栽工事が主に行われる。


by kawazoede | 2018-02-20 22:41 | 日記
芦屋の家の施工状況

219

午前中、芦屋の家の現場へ。

建築主と定例打合せを行う。

現場は大工工事、屋根工事が行われている。

屋根はほぼ葺き上がっていた。

切妻のシンプルな屋根形状。

ガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きで、軒とケラバの先端をシャープな納まりとしている。

妻側にその線が綺麗に出て嬉しい。

e0097130_23171827.jpg


by kawazoede | 2018-02-19 23:18 | 日記