<   2020年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
新在家の家の見積打合せ

430

事務所にて建築主と新在家の家の見積打合せ。


これまでご家族も一緒だったが、現在の社会状況からお一人で来所された。


私の事務所からも私のみ。


窓を開け放して風通しを良くしての打合せだった。

着工に向け、ご検討いただくことになった。

以下は基本設計時のCG

中庭を挟み、二つの棟が並置されるデザイン。

新在家の家の見積打合せ_e0097130_23094387.jpg
新在家の家の見積打合せ_e0097130_23094350.jpg


by kawazoede | 2020-04-30 23:09 | 日記
田寺の家の施工状況

429

午前中、田寺の家の現場へ。

竣工まで1月程となった。

足場が解体され外観が現れている。

切妻の二棟を渡り廊下でつなぐ形。

南の棟は平屋で、1階のリビング・ダイニングにも採光をもたらす事が出来、また、道路向かいのマンションからの見下ろしを防ぐ高さとしている。

以下は現在の施工状況の写真。

田寺の家の施工状況_e0097130_21365999.jpg


by kawazoede | 2020-04-29 21:37 | 日記
Block house
住宅の外観のデザインは、住まい手のライフスタイル、周辺環境等で、それぞれ異なります。Block houseでは、完全に閉じることなく、一定のプライバシーを保つ計画としています。道路側の窓面に対し、外皮となる壁が1枚追加された形状です。外皮の壁と建物との隙間は半外部空間であり、この半外部空間が、室内と道路との距離感を生み出しています。
Block house_e0097130_23021391.jpg
Block house_e0097130_23021662.jpg

by kawazoede | 2020-04-28 21:32 | pick up!
若ヶ谷の家のドローン撮影

427

若ヶ谷の家をドロ-ンで撮影し、編集してみました。

以下YouTubeupしていますので、竣工後17年の今を、ぜひご覧ください。



by kawazoede | 2020-04-27 22:38 | 日記
塀のスタディ

426

田寺の家は、近く外構工事が行われる。

隣地側の塀の色のパターンをCGで作成した。

塀の素材はガルバリウムのスパンドレル。

見え方がやはり異なってくる。

外構の塀も建築デザインを構成する要素であることが良くわかる。

塀のスタディ_e0097130_17352472.jpg


by kawazoede | 2020-04-26 17:35 | 日記
計画案のCG

425

八代本町の家の基本設計第3案。

以下はそのCG

近く実施設計に移行となりそうだ。

計画案のCG_e0097130_22321241.jpg
計画案のCG_e0097130_22321277.jpg


by kawazoede | 2020-04-25 22:32 | 日記
アワード

424

事務所にて、家具の発注の段取り、打合せの準備など。

海外からの国際電話があり、25年の歴史がある国際建築賞に応募しないか、とのお誘いだった。

電話では詳細がわからないのでメールで送ってほしいと伝えると直ぐに届いた。

The Asia Pacific Property Awards とのことだった。

このような時期だけに審査が本当に行えるのだろうかと気にはなるが、検討させてもらうことにした。


by kawazoede | 2020-04-24 22:14 | 日記
アトリエにて

423

今日はアトリエで仕事を行うことにした。

今後もそういった機会が増える可能性があるため、少しデスク周りの整理。

PCにつながるケーブルが気になっていたためデスク下で接続し、出来るだけデスク上の横引きを止めるようにした。

在宅が増えると、自分の生活環境で色々と気づくことが増えるのかもしれない。


by kawazoede | 2020-04-24 14:06 | 日記
着工

422

午前中、Aプロジェクトの現場へ。


着工に先立ち、安全祈願祭だった。

夕方、田寺の家の現場へ。

工事は予定通り5月末に完了しそうな状態となってきている。以下は現在の施工状況。

着工_e0097130_22391755.jpg
着工_e0097130_22391715.jpg


by kawazoede | 2020-04-22 22:39 | 日記
カフェ・アンジュ

concept

兵庫県の播磨地方に建つカフェです。

30年以上営業されていたカフェの移転新築で、土地の選定からご相談を受けました。

敷地は交差点の角に面しています。その敷地の形に添うように建物は切妻の棟が雁行して連なっています。

室内に入ると、その切妻の形を認識するようデザインしています。

それぞれの棟の幅と高さは異なるため、異なる空間がずれて連続し、奥行きを感じます。

窓は、東と西に横長に設けています。座った高さで丁度、両方に広がる異なる風景を楽しむものです。切り取られた風景から、この場所を感じる田園と、池の土手越しに雑木の林が見えます。建物の突き当りは連なる棟の、更なる連続性を感じるよう、掃き出しの窓で大きく開放しています。

当初より家具のレイアウトや、テーブル・椅子についてご相談を受けていました。新しい店舗では、既存の店舗にあったテーブルと椅子を敢えて使うことをご提案し、空間をデザインしています。新しいものと引き継がれていくものがバランスされ、移転でも馴染みやすく、また営業が切れ目なく感じられるよう、検討しました。

デザインの全体にクラシックとモダンの融合をコンセプトとしています。
写真:冨田英次

カフェ・アンジュ_e0097130_22321559.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22323049.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22325271.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22330347.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22331304.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22333686.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22334807.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22340805.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22342266.jpg
カフェ・アンジュ_e0097130_22343935.jpg
詳しくは以下のHPをご覧ください。

https://www.kawazoe-a.com/works-15


by kawazoede | 2020-04-21 22:36 | works